マウジーの通販を考える 続編

    

あなたはマウジーの通販を
どのくらい活用してる?

  
マウジー(moussy) は女性向けの渋カジの代表格で、若い女性に抜群の人気ですね〜。 特に女のための女らしいスタイルを求める女性に支持されてよ。 なので、マウジーは、「こびないファッション」ってよく言われる。 女のコがオシャレするときって、やっぱり男の視線を気にしちゃうよね。 男ウケのことを考えてしまう。 マウジーは強めなオシャレで、周囲にこびないで、自分のスタイルを守ってる 女のコに人気があるよね。 デザインもグラマラスで女性らしく、インパクトがある。 ViVi、CanCamなどの流行ファッション雑誌にも多く登場してるよね。 もともとは、エゴイストのカリスマ店員だった森本容子さんが立ち上げたブランドなんだよね。 マウジーと名前が付くブランドには、他に「ブラックバイマウジー」と「プラチナムマウジー」があるよ。

マウジーの通販と森本容子さん

マウジーの通販と森本容子さん
マウジー(moussy)は、「カリスマ店員」森本容子さんが立ち上げたブランド。 森本さんは、1977年、埼玉県川口市に生まれみたいだね。。血液型はA型だって。 特に服に興味はなく、高校生時代はコギャルのサーファーだったそうです。 97年に高校を卒業後、建築の専門学校に通いながら、週末だけアルバイトで リトルニューヨークで働きいて、 その後、カパルア、ココルルなどいくつかのブランドを経て、 エゴイスト渋谷109店に入社したんだって。 10代の女の子に絶大な支持を得て、着用するものが、次々と完売してしまうという記録を残し 「カリスマ店員」として注目を浴びたのは有名だよね。 森本さんは、カリスマ店員として人気の絶頂を極めてい99年に、 エゴイストを退社しちゃいました。 それが、実はマウジー(moussy)の立ち上げのためだったんだよね。 そして2000年、ブランド「マウジー(moussy)」を立ち上げます。 カリスマ店員時代に培った現場での力を活かして、 森本さんはなんと デザインからプロモーションまですべてをプロデュースして、話題になったんだよね。

マウジーの通販とその周辺

マウジーの通販とその周辺
現在のマウジー(moussy)は、 株式会社フェイクデリック(FAKEDELIC Co., LTD.)という所が運営してるんだよね。 フェイクデリック社は東京の目黒区青葉台に本社があるねー。 マウジーの生みの親、森本さんは、もちろん以前 フェイクデリック社の社長を務めていたんだよ。 またフェイクデリック社のグループ企業として、ジャックポットプロダクション(Jackpod Production Inc.)、マッドマインドカンパニー(MAD MIND COMPANY)があります。ジャックポットプロダクションはブラック バイ マウジー(BLACK by moussy)、マッドマインドカンパニーはスライ(SLY)の経営元なんだよね。 また04年には、株式会社プラチナムマウジー(PLATINUM MOUSSY)が発足したよね。森本さんが代表取締役となり、ブランド「PLATINUM MOUSSY」を立ち上げたんだよ 。 その後、森本さんは06年に独立して、新ブランド「KariAng」を立ち上げちゃったけどね。

マウジーの通販とその店舗展開

スポンサードリンク
マウジーの通販とその店舗展開
マウジーの店舗展開は、やはり東京を中心とした 関東地方のが中心だよね。 もちろんその中心は、渋谷にある109の中にあるマウジーでしょう。 マウジーの発祥地109店は マウジーファッションの原点で、 一年中、若い女の子でいっぱいだね。 全国展開も進めているマウジーだけど、 関西ではまだ店舗が少なく、期待しているという声が多く寄せられています。 だから、関西の人たちにとっては、 通販でマウジーを手に入れる人も多いんだってね。 マウジーの店舗では絶対的な人気の店員は、 やっぱりカリスマ店員と呼ばれ、 ファッションを楽しむ女性の憧れの存在となっています。 マウジーの創設者・森本さんが109のエゴイストのカリスマ店員だった 影響が大きいよね。 プロポーションとファッションセンスを兼ね備えたショップ店員は、 マウジーファッションの愛好家たちにとっては、 モデルに次ぐお手本で、ショップの人気を支えているね。 だから、そんなカリスマ店員が増えれば、店舗もどんどん増やせるんだよねー。

マウジーの通販を考える のトップ